デスレックスのレビュー!ボスの風格

2018年12月8日

ついにゾイドワイルド最狂にして最恐のボスキャラ「デスレックス」が我が家にもやってきました!

アニメ(一期)では,帝王ギャラガーが搭乗するゾイドとして黒いギルラプター(指揮官機)も有名ですが,やはりデスメタル帝国軍として唯一無二の超大型ゾイドですので,是非ともに揃えたいゾイドでもあります。

実際クリスマス直前に満を持して発売されたデスレックスはすぐに在庫薄となり,そもそも定価が高い(7,480円)ことも相まって,大変入手困難でしたね…(遠い目)

そんな伝説級のゾイドですが,果たしてどのような表情を私たちに見せてくれるのでしょう?

平成最後の年の瀬やアニメ最終回において,相当の盛り上がりを巻き起こした勢いを肌に感じながら,レビューの方読んでいただけたら幸いです!

デスレックスの機体説明

  • 機体名:ZW12 デスレックス【ティラノサウルス種】
  • 本能解放技名:ジェノサイドドドリル(これで正しい)
  • 発掘地域:ワイルド大陸 大火山デスロッキー
  • 機体説明:この世に一体しか存在しない最も凶暴な巨大ゾイド。ゾイドの気配を察知すると興奮状態になり暴れだし,大きな顎で敵ゾイドに喰らいついてとことん破壊しつくす。本能解放すると,大顎と第二の顎「デスジョーズ」で敵に喰らいついたのち,口内のウブラドリルで木端微塵に粉砕する。破壊するだけではなく,他のゾイドのエネルギー,能力を吸収していると言われている。

「最狂覇壊皇帝」という通り名がついているように,IQがやや低い以外はほぼMAXの能力値を誇る真紅のゾイド。

この世に一体しかないということもあり,とってもレアな個体ですね。

大火山のデスロッキーで仮死状態となって眠りについていたところを発見されましたが,溶解している部分はなかったとの報告もあり,装甲は極めて硬く,その凶悪な見た目から攻撃性の高さが容易に伺えます。

ちなみに,超大型(XL型)のゾイドに相応しく,届いた箱も巨大でした(笑)

それでは早速作っていきましょう!

 

開封レビュー

パッケージはまさに帝国軍といったデザイン!

荷電粒子砲ではなく,ウブラドリルが真っ赤に光っています。

ちなみに「ウブラ(uvula)」というのは日本語で「のどちんこ(口蓋垂)」を意味しますが,カタカナにすることでカッコよく仕上がっています(笑)

パッケージの裏面をみると,ワイルドブラストの様子をなんとなく確認することができますが,これは一体?!

口の部分がとんでもなく凶悪になり,ワイルドブラストした姿は物凄いものになりそうです!

中身を出してみましょう!

意外と整頓されてきっちり入っていますが,中身はギッチギチに詰まっています!

さらに出していきましょう!

まず目を惹いたのはメカユニット!!

でかっ!!

よく調べると何やら電極やライトめいたものと

モーター部からはとんでもないほどの力強さを感じます↓↓

ワイルドブラストユニットはないようですが,今回は一体化しているということなのでしょう。

電池は単3型のものを2つ,別途使用します。

そして2つ目の感動は,アーマーの赤

今回は採掘パックBを待ちきれずに開けてしまいましたが,パールがかった真紅の装甲がこのゾイドが只者ではないことを伝えてきます。

※実際はもっとしっとりとしていて深みのある色です。

今回もストップウォッチ片手に組み立てていきますが,前にレビューした覚醒ワイルドライガーに付いてきた冊子によると,組み立て時間の目安としてメーカーは以下のように考えているようですね。

  • S型ゾイドは30分
  • M型ゾイドは40分
  • L型ゾイドは50分
  • XL型ゾイドは60分

60分を切れるのか,今回はタイムアタックにも挑戦してみましょうかね!

 

デスレックスの骨格形態を復元!

骨格復元に使うパーツ数は全部で40ほど。

かなり大変そうですが,出来上がった先にデスレックスが待っていると思うと頑張れます。

発掘パックAの小袋は4つも入っていましたね。

まずはメカユニットの動作確認をします。

搭乗席がグイーンと上昇し,予想通り赤いライトが付きました。

動き自体はシンプルに見えますが,光の演出で魅せてくれそうです!

※コクピットは下がった状態で組み立てを始めます。ご注意ください。

いきなり最初のクリアパーツがかっこいい・・・

ギザギザして刺さる感じを確かめながら,いきなりの難所が到来。

ここのパチッが難しかったです。

S6の穴にS4の突起を通すと,ぴったりはまって超爽快!

次のA1はゆっくり優しく抑え込みましょう。

起動骨とうまく組み合うようにA2のヒレみたいなものを取り付け,大きなパーツでサンドします。

大きなパーツを付けた後はお決まりのロックパーツで固定します。

ステゴゼーゲをレビューしたときに学びましたが,このように大きさ順に並べて初めて見分けのつくパーツもありました。

ミルフィーユのようになりました(何やら3つまとめて持ち上がります)↓↓

しかしさすがXL型ゾイドですね,細かい指示が多めで作り甲斐があります↓↓

足もでっかい(ワイルドライガーなどと違い,倒れない支えの棒があります)。

足パーツを取り付け終わると,だいぶ残りパーツも少なくなった感じがしますね。

あと少し!

足の次は腕!

かわいい・・・(確信)

腕の次はしっぽ!

ステゴゼーゲと比べると取り付けは楽!

しかし,最後に頭部を残しておく辺り,タカラトミーさんはエンターテイナーですなぁ。

どうしてこう,恐竜の化石ってみているだけでワクワクしてくるのでしょう。

子ども時代からこれまで,何個の化石系おもちゃをせがんだことか。

そしてついに,時間にして19分30秒で骨格形態の復元が完了です!

もうかっこいいどころの騒ぎではないですよ!

紫は古来から身分の高い高貴な人の色とも呼ばれていますが,冠位十二階でもトップに躍り出るであろうデスレックスの骨格モデルよ!

 

デスレックスの完全形態復元まで!

続けてデスレックスの完全形態復元に挑んでいきましょう!

今回の外装は密着仕様ですかね↓↓

必要にして十分なデザイン。

そして尻尾はキレッキレ(笑)

アニメでも,噛みつきを回避されたところに,尻尾によるなぎ払いを何度となくお見舞いしていましたね。

見てください,この搭乗席のゴージャス感!!

豪華なシートからは王者の風格が漂います。

さて,残すパーツもあと4つ。

ついにこの,異様にでっかいパーツを組み立てる時がきましたか!

片方はめっちゃ固かったですが,もう片方はすんなりと取り付けられました。

完成形を観る前に,そうでした。

想像してください,パイロットの顔より大きな恐竜の目玉を!

みなさま,お待たせいたしました。

27分19秒で完成したデスレックスがこちらです!!

え,思ったより小さいですか??

上の写真は引きで撮ってますけれど,ならば寄ってみましょう。

でっかい!!うっはー!!

グラキオサウルスのときのように,縦にも横にもデカいわけではないのですが,ずっしりとした重量感といいますか,すごく詰まった感じがハンパないです!

しかも,これでですよ,ワイルドブラスするわけですからね・・・

いきますよ,はいっ!!

かっこよすぎるぅぅぅぅぅ!!

マジでこれをクリスマスにもらった子どもは嬉しすぎる!

ちびっこが大好き要素満載のデスレックスでしたね。

いやぁ私も嬉しい(笑)

 

デスレックスの写真館

いつもはこれでまとめになりますが,今回のデスレックスを前にしては,名残り惜しまずにはいられません。

そんなわけで,延長戦です。

手前から,ラプトール・ギルラプター・デスレックスと並べています↓↓

グラキオサウルスとの一騎打ち↓↓

簡単には倒れそうにない両者ですが,凄まじい戦いになりそうです。

家のライガーさんも参戦!

これでは相手が悪すぎですね。

以下,これまでにレビューしたゾイドの一例ですが,色んなゾイドと遊ぶと楽しいですよ↓↓

そうそう,今回もキャンペーン特典でデスメタルシルバーのキャップをいただきました↓↓

このようにZキャップを付け替えるだけで,簡単にカスタマイズができるのもいいところです↓↓

いいですね,似合ってます!!

デスメタルブラックのZキャップを付けると,今度は漆黒仕様に!

あろうことかワイルドライガーのZキャップを付けても似合っていますね(笑)

これ以外に,ゾイドワイルドの他機体の装甲を使ってもカスタマイズできますので,みなさまの手で好みのデスレックスを作成してください!!

 

アニメでの活躍シーン(ネタバレ注意)

デスレックスのアニメ登場シーン

デスレックスは拘束された状態から解き放たれると,敵味方関係なしに食い尽くそうとするほどの凶暴さで,かつて半分の種類のゾイドを絶滅に追いやりました。

ゾイドワイルドのアニメでは第13話「史上最狂ゾイド デスレックス」で初お目見えします。

デスブラストをせずとも,フルパワーのファングタイガーとやりあえる力で,圧倒的な強さを示しました。

ゾイドワイルドのアニメでのデスレックス

ベーコンとの死闘は物語の序盤ながら,かなりのインパクトを残してくれたように思います。

続けて第20話の「強制解放!デスレックス」において,ついにその真の力が明らかに!

パワー勝負でもグラキオサウルスを押し返してしまうその力の前に,シュプリーム団・フリーダム団のゾイド共に無力だったのですが,デスメタルキーが未完成だったために命拾いしましたね。

デスレックスVSグラキオサウルス

そして,物語は第49話の「最終決戦!デスメタル帝国」と最終話「つなげ!未来への絆」に進み,覚醒したワイルドライガーとの死闘を繰り広げることになります。

一期のフィナーレを飾るに相応しい両機体の衝突でしたが,デスレックスも実は心優しいゾイドなのかなと思うシーンがあっただけに,最後ギャラガーが取った行動は大変口惜しいものとなりましたね。

やっぱりアニメで補完してこそ,愛着もより一層沸いてくるというものです。

 

まとめ

以上,タカラトミーより2018年12月8日に発売されたデスレックスをレビューしました。

待望のティラノサウルス種XL型ゾイドということで,大変カッコよい仕上がりに悶えてしまうこと間違いなしで,ゾイドワイルドのアニメを普段観ている子どもだったら,プレゼントにもピッタリです!

我が家のデスレックスは上記画像のような配色で落ち着きました(笑)

今回は楽天のタカラトミーモールの方で注文させていただきましたが,クリスマス仕様の包みで厳重に届きました↓↓

在庫が少ない場合があり,定価以上でないと買えない場合もありますが,アニメの二期も始まりますし,まだまだ再販のチャンスはありそうです↓↓

最後までお読みいただきありがとうございました。

-ゾイドワイルド

おすすめ記事一覧

キュボロと藤井聡太クリアファイル 1

ここ数年,売り上げが急激に伸びて在庫薄になってしまっている知育玩具があります。 それはキュボロ(クボロ)社の積み木おもちゃです。 商品名も「キュボロ(cuboro)」と言いますが,その始まりは1985 ...

blank 2

将棋の藤井聡太さんの快進撃に影響されて注目を集めた「キュボロ」ですが,以前の記事でもお伝えしたように,10年以上前からネットショップでも取り扱いがある,王道を行くおもちゃです↓↓ そして,キュボロの買 ...

ジェノスピノの完成 3

ジェノスピノを発売日に買ってきました! ゾイドワイルドZEROのボスとして,明らかにそのオーラをまとっています。 加えて,久しぶりの超大型ゾイドでもありますので,今から作るのが楽しみです。 早速レビュ ...

アクアビーズで作ったエルサ 4

今回は,大人気のアクアビーズから新しく発売された, アナと雪の女王2スタンダードセット のレビューをしていきたいと思います。 最新版に相応しく,これまでのものとはツールがいくつか一新されており,現時点 ...

アクアビーズのレビュー 5

今回は,言わずもがな定番中の定番,「子どもが一人で夢中になって遊んでくれる」と評判のおもちゃであるエポック社の「アクアビーズ」をレビューしていきたいと思います。 ちなみに最近「アナと雪の女王2」のキャ ...

ミックスウォッチのレビューまとめ 6

今回は「ミックスウォッチ」という,オリジナルウォッチを作れるおもちゃについてレビューしていきたいと思います。 6才以上であれば簡単な手順で完成させられて,キャラ物おもちゃからの卒業にも使えるところが好 ...

ビーストライガーのレビュー 7

今回はゾイドワイルドZEROから,主人公レオ・コンラッドが搭乗する「ビーストライガー」についてレビューしていきたいと思います。 アニメの1期と比べると,ゾイドの改造の方に重きが置かれている新シリーズで ...

blank 8

今回は宴会芸にぴったりで,誰にでもアッと驚かせられる手品が可能になる「スーパースポンジボール」についてレビューしていきたいと思います。 私も初心者ながら,数ヶ月練習することで手品が特技の1つになりまし ...