TVゲーム

レトロフリークは懐かしのTVゲームソフトを差せるレトロゲーム機!

これまでにスーパーファミコンミニなどを買って遊んでいましたが,やはりそこに入っている以外のタイトルもやりたくなってしまいました。

「どうにかしてやりたいなぁ。」と思うのですが,一から中古でファミコンの本体や当時のソフトを買い集めるのは面倒くさそうです。

まぁそれはできたとしても,その状態はみんな悪いものでしょうから,「買っても動かなかったらなぁ」と考えて,結局何もできないままでした。

しかしそんなとき,1つの動画に出会います。

レトロゲームで芸人さんたちが遊んでいる動画なのですが,なにやら1つの機器に色々なソフトを取り込ませては自由に起動させているようです。

昔は「エミュレーター」なんてものが流行りましたが,どうやらそれとは違うようで,画像も音声もクリア。

パソコンも使っていません。

一体これはどういうことかと調べていくと,「レトロフリーク」という1つのゲーム機にたどり着きました。

早速買ってきたので,一体どのような使い方ができるのかまとめていこうと思います。

レトロフリークとは

レトロフリークのパッケージ

レトロフリークは㈱サイバーガジェットが独自に製作したレトロゲーム再生機で,なんと最大で15機種のゲームソフトに対応できるという夢のようなガジェットです(ちなみに上の画像にある犬みたいな子は,「ジャンプくん」というサイバーガジェット社のイメージキャラクターです)。

CDではなくカセット(ソフト)を使うゲームであれば,その大体が再生できるでしょう。

具体的には以下のようなものであればOK↓↓

対応ソフト名

ファミコン・スーパーファミコン・ゲームボーイ(カラーやアドバンスも)・メガドライブ・PCエンジン(北米版含む)など

この他,ゲームギアやセガマークIII・SG-1000・Nintendo Entertainment Systemにも対応しますが,その場合は拡張アダプタを購入してください(後でセット内容やオプションについて解説します)。

30歳以上なら絶対1つ以上あるであろう,思い出補正がたっぷりかかった懐かしのゲームが,レトロフリーク1台ですべてプレイ可能なのは驚きです。

そしてこのレトロフリークがすごいのはそれだけではありません!

  • 映像と音声が良い
  • 古いゲームでも問題なし

私的にはこの2つが特に目を惹きました。

実はこのゲームフリークにはHDMIケーブルが付属しています。

つまり液晶テレビであっても高品質な音や画を出力できるということです。

さらに年代物のソフトを買ってきてもリスクが少ないのが決め手となりました。

通常ファミコンなどのカセットにはセーブ用のために電池が入っているのですが,それが切れるとセーブできなくなるようです。

また,接続が悪くていつまでも点かないなんてことはよくありましたが,これについてもも心配ありません。

ソフトを最初にレトロフリークに差し込むと,そのゲームのデータを完全にインストールして,ソフト抜きで遊ぶこともできてしまうというのだから完璧ではないでしょうか!

先の動画で,芸人さんたちが次々と色々なゲーム(それもゲームボーイやスーファミなど種類を問わない)を呼び出して遊べていたのは,すでにデータをゲームフリークに取り込んでいたからだったのですね。

それでは,次章でより詳しい内容についてレビューしていくことにしましょう。

 

レトロフリークの遊び方

レトロフリークとFF5

レトロフリークをこうせいするのは,カセットを挿し込む本体(詳しくはカートリッジアダプターと本体が結合している)とコントローラーの2つ。

それに拡張用のパーツとケーブル類などの付属品が存在します。

ネットの販売ページをみると色々付属品を変えたセットが売られていますが,1人で楽しむ分には,本体とコントローラー,そして別にソフトを買えばOKです。

最低限必要なもの

これに電源ケーブルと,HDMIケーブルが刺さった状態が本章の最初に載せた画像になります。

オプション品などについては次章でまとめることにして,ここでは遊び方についてみていきましょう!

電源は背面にありますが,それを付けるといきなり始まります。

最初は言語の設定やら同意書(違法コピーしませんみたいなもの),そして画面を目いっぱいに広げる設定などがありますが,基本画面はこんな感じ↓↓

基本画面

カセットは手で差し込みますが,こんな力を入れて大丈夫かと心配になるほど。

実際は抜くときの方が力を必要とするのですがね(苦笑)

また,一番下までガシャと入れても無反応。

家のレトロフリークはちょっと左を上に抜いてあげることでインストールがうまくいくことがわかってきました。

挿し込みがうまく行くと,自動でインストールされます。

ちなみに,インストールに失敗すると「UnknownGame」となり,このまま取り込んでもうまく再生されません。

取り込みに失敗した例

本体に慣れるまでは何回も試行錯誤して,うまくいくパターンを見つけてみてくださいね!

また,いくらセーブに電池が要らないとは言っても,カセットを直で再生するのはおすすめしません

キャラクターがうまく表示されなかったり,途中で止まるなど,動作に不安がありました。

逆に,一度取り込めてしまえば,もうその後は何の問題もありません。

ばんばんソフトを集め,どんどん取り込んでしまいましょう!

保存先ですが,本体とは別にmicro SDカードを用意してそこを指定することができ,256MGの容量でも200本以上のソフトをインストールできました(なんというデータ量の少なさ)。

早速トルネコの大冒険をプレイしてみましょう!

トルネコの大冒険

1階なのにレベル20でドラゴンキラーとシールドを装備しているのはどうしてでしょうか。

もうすでに2時間プレイして全クリしてしまったからです(笑)

「こんな難しいゲームをどうしてそんな簡単に!」

と思うかもしれませんが,このレトロフリーク,クイックセーブすることが可能です。

どこでも好きなタイミングでゲームメニューを呼び出して,クイックセーブを選ぶだけ。

しかも1つの作品につき100スロットまで作成できる上,途中のロードも自由自在で全くストレスがありません。

ゲームメニューについてポケモンでレアモンスターに出会ったときや,アクションゲームの難しい局面などで,自由にデータを残せるので,本当に楽しくプレイできました

 

オプション品やセットの紹介

レトロフリークコントローラーアダプターセット私は2020年3月18日に新発売になったレトロフリークから,

コントローラーアダプターセット限定BOX

を買いました(型番CY-RF-B4TH)。

従来のコントローラーアダプターセットは,コントローラーが1つしかなく,3人以上の同時対戦では遊べなかったですが,この限定BOXはコントローラーが2つ,そして,USBタイプのコントローラーが増やせるハブが付いています。

実際のところコントローラーが2つ欲しかっただけなのですが,この限定BOXはコスパが高くておすすめです↓↓

ちなみにコントローラーは,レトロゲーム機純正のものが使え,そういったものを接続できるようにするのが「レトロフリーク用コントローラーアダプター」。

レトロフリーク用コントローラーアダプターそれ以外に「ギアコンバーター」があり,これを使うことで,さらに対応ゲーム機を増やすことができます。

ギアコンバーター

この他,レトロフリークが開発した標準コントローラーを買い足すこともできますので,必要に応じて増やしていくといいでしょう。

 

まとめ

以上が「レトロフリーク」の紹介と遊び方のレビューになりますが,いかがだったでしょうか。

映像のリアルさを追求したゲームより,初期のレトロゲームの方が優れているところも沢山あるように思います。

たとえ思い出補正がなくても,単純で誰にでもわかりやすく,プレイ時間も短く,気軽に楽しめるというのはレトロゲームの大きな魅力です。

また単純なので逆にハマってしまい,最新作よりもやりこむ時間が多くなってしまう作品もあることでしょう。

文化的にみれば,レトロゲーム機の同時発音数が制限されているがために,BGMもファミコンならではの奏法が生まれましたし,登場キャラクターの何気ない表情の変化からも,感情移入ができてしまうのは不思議な体験です。

読書でもそうですが,人間の想像力と言うのは思った以上にすごいことを再発見しました。

これもレトロフリークのおかげですね!

ネットオークションなどを利用すれば,1つのソフトが数百円で買えてしまいます。

沢山取り込んでおけば,他人が遊びに来た時も大いに役立ちますよ。

桃鉄やぷよぷよ,ボンバーマンを早速注文しました。

購入のきっかけとなったレトロゲームの動画も是非みてみてくださいね↓↓

ありがとうございました。

応援していただける方は,クリックして頂けると大変喜びます↓↓

FC2 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ

-TVゲーム

Copyright© 行き先は在庫あり , 2020 All Rights Reserved.