おもちゃ

カタカナーシの遊び方を解説!

今回は,カタカナ語をカタカナを使わずに説明して周りの人に当ててもらう

カタカナーシ

というカードゲームの遊び方について解説します。

ルールは慣れれば簡単ですが,カタカナ語の定義がやや難しいので,その2つを中心にレビューしていきましょう!

 

 

カタカナーシとは

カタカナーシ

幻冬舎が販売するカードゲームで,パッケージに書かれている,

「手札に書かれたカタカナ語のお題を,カタカナ語は一切使わずに説明する遊び」

という文面が,とてもよくその内容を表しています。

例えば「パフェ」というカタカナ語をどうやって他人に説明するか考えてみてください。

辞書を調べると,

アイスクリームに生クリームチョコレートシロップや果物・ジャムなどを添えてグラスに彩りよく入れた冷菓

と書いてありますが,赤文字はカタカナ語なのでルール上使うことができません。

そこで頭をひねって,

各種乳製品や果物を,透明で背の高い容器に盛りつけて提供される,甘くて冷たい食べ物!

などと言ったりするわけです。

対象に備わっている性質を列挙していくことで,そのもの自体を推測する行為というのは大学入試でも問われる大切な能力でもあるので,カタカナーシで遊んでいるうちに自然と想像力や表現力が磨かれてくるというのは教育的価値もあると言えるかもしれませんね。

具体的には,

  • 英語でわからない単語について説明する場合
  • 国語で難しい語句に線が引いてあってそれをわかりやすく言い換える場合

などにカタカナーシに似た作業を頭の中ですることになるでしょう。

実際にやってみると,子どもの表現力の鋭さに驚かされることも多く,先のパフェの例ですと,

女子がおやつの時間にお店に行って,長い銀色の棒みたいなやつでよくすくって食べてる冷たくて甘いやつ!

と言った方がむしろわかりやすく,固い頭では浮かばない発想に感心されられることもあります。

 

 

ルール説明と準備

それではカタカナーシの詳しいルール説明に移りましょう。

対象年齢は8歳以上。

プレイ人数としては3~8人用のゲームです。

制限付きで相手にカタカナ語を説明することの面白さを味わうくらいなら2人でもできますが,やはり周りと競争することで初めてゲームとして機能するので,最低3人は必要という点に気をつけてください。

箱の中に入っているものとしては,2種類のカードと説明書があるのみです。

カードの種類は2つ

上段に見えているのは「お題カード」で,全80枚中72枚を占めます。

先に取り上げた「パフェ」を含むお題が書かれているのもこちらのカードです。

一方下段に見えているのは「イベントカード」と呼ばれるもので,4種類のイベントが2枚ずつあります。

このカードを引いてしまうと,ただでさえ難しい説明にさらに制限がかかってくるので,できるだけ見たくないカードです。

ちなみにウラ面はすべて黄色で1~6の数字が書かれています。

すべてのカードをよく切ったら,裏にして山札とし,じゃんけんで開始のプレイヤー(Aとします)を決めたら準備終了です。

 

 

遊び方

カタカナーシの遊び方

①Aは山札から一枚取り,周りにみえないように確認します。

②残った山札を見ると「4」の数字が見えているので,Aは取ったカードの上から4つ目の「コンクール」を説明しなければなりません。

Aさんの説明

作品とか演技を発表して入賞を狙います。中学生の合唱や作文でこれをしました。

③A以外のプレイヤーは,答えと思われるカタカナ語を答えますが,早いもの順ですが回答権は1人1回しかありません

Bさんの回答

コンクール!

④ここではBが当てたとしますが,その場合まずA(出題者)が自分の手札を得点にできます。

これは「うまく説明できたで賞」みたいなものです。

⑤続けて今度はBが山札の一番上から一枚もらいます(ここでは4のカード)。

こちらは「正解ボーナス」みたいなものです。

次にBは①~⑤を繰り返しますが,もらったカードはめくらずそのまま得点になるので,またさらに1枚引くことにだけ気をつけてください。

結果的に10点先取したプレイヤーが勝ちになります(出題者と回答者が同時にクリアとなった場合,後者の勝ちとなります)。

イベントカード

ちなみにイベントカードを引いたときですが,

  • 他の人に指示が見えるように置く

ことにだけ注意し,もう1枚カードを引き直します(あとは上記の遊び方に従います)。

周りに知らせても,絶望的にできないものも多く,いまだにできないのが,「ビタミン」というお題を声を出さずに説明することです。

ちなみにイベントカードは得点にならないので場に捨ててください

 

 

カタカナ語と失敗例

カタカナーシでは失敗してしまうこともあります。

ここではその代表例である,

  1. カタカナ語を使ってしまったこと
  2. イベントカードの指示に従っていなかったこと

の2つについてみていきましょう。

特に難しいのは1のカタカナ語です。

まずはその定義について確認して下さい。

外来語

外国語から入って来て漢語以外のもの(ゲーム・スプーンなど)。普通カタカナで書くものが多い。「ガス・メートル・タバコ」はそれぞれ「瓦斯・米・煙草」のように漢字で書けますが,こういった英語の音訳に漢字を当てはめたものも外来語なのでNGです。

和製英語とその略語

英語に似ているけれど英語ではそう言わない言葉(サラリーマン・ガードマン・サービスエリアなど)。略語というのはパソコン(personal computer)・テレビ(television)など。

ただし,カタカナで表記されていても日本語であるものはカタカナ語ではありません

カタカナで書くので「カタカナ語かな」と思ってしまうのも無理ありませんが,メガネやイス,スイカなどは使ってOKな単語です。

例えばメガネは英語だとglassesで,meganeという外来語ではないですし,meganeという英単語もありません。

同様にイス(chair)も,isuで日本に入って来た言葉ではないですし,そんな英単語はありません。

一方でメロンはどうでしょう。

こちらは英語でmelonという単語があるのでNG,立派なカタカナ語です。

まとめると,

ローマ字読みではない英単語が存在し,その音がカタカナになっているものであればカタカナ語とみなせる

と結論付けられます。

 

もしカタカナ語を使ったことに気づいたら,いち早くその失敗を指摘しましょう。

指摘した人はお題カードを持っている人の手札を没収して得点に加え,また新たに1枚引いてゲームを再開します。

2つ目のイベントカードの失敗についても同じように指摘すればOKです。

 

 

まとめ

カタカナーシのレビュー

以上,カタカナーシの概要と遊び方についてみてきましたがいかがだったでしょうか。

コミュニケーションの道具として気軽に遊べるカードゲームで,ルールもシンプル。

カタカナ語がどのようなものか知ってしまえば,難しいところはありません。

最後に準備と遊び方のルールをもう一度まとめておきます。

是非参考にしてくださいね!

準備

  1. カードを黄色を上に全部置く
  2. じゃんけんして最初の人決める

遊び方

  1. カード取ってお題を決める(イベントカードなら床に置いてもう1枚取る)
  2. 山札にある数字のお題を説明
  3. 当てた人は山札のカードをもらえる
  4. 説明した人は自分のお題カードがもらえる
  5. 当てた人がこれを繰り返す

カタカナ語の定義

英単語をカタカナで読んだもの

購入はAmazonがおすすめですが,意外と楽天でも安いときがあります↓↓

-おもちゃ

© 2020 行き先は在庫あり