ギルラプター指揮官機のレビューと通常版との比較

今回は以前レビューしたギルラプターの色違いとなる「指揮官機」のレビューの方,させていただきます。

ゾイドワイルドの組み立てキットとしては22作目になる本機ですが,9作目の通常機と比較してどのような違いがあるのでしょうか。

加えて,ディノニクス種の格好良さの方,再確認していくことにしましょう!

指揮官機のデータ

指揮官機の基本データ

  • 名称:ZW22ギルラプター(指揮官機)【ディノニクス種】
  • 説明:バネ性能に優れた脚と,背中のジェットブースターによる高速移動を得意とする中型ゾイド。脚の大きな鉤爪と,本能解放して出現する第三の鉤爪「ウイングショーテル」で敵ゾイドを切り刻む。紫銀色に輝く骨格は珍しく,高硬度である為,主に指揮官機として使用される
  • 本能解放技名:・瞬撃殺
  • 発掘地域:ワイルド大陸高山地帯

赤色の部分が,通常のギルラプターとの相違点です。

能力値的には,アタックとIQそしてディフェンス力がより高くなっていますね。

セット内容は中型ゾイドのもので,通常版とも量的に変わりません。

とはいえ,内袋の外からでもわかるのは紫と黒の凶悪感でしょうか↓↓

指揮官機のパーツの様子

今回は,通常版を横に置きながら組み立てていくことにします。

 

ギルラプターの比較

指揮官機のパッケージ

パッケージはこのような感じ。

ラプトールを引き連れて,強そうなギルラプターが先陣を切っています。

カラーリングは紫と黄と黒で,高級感があって強そうです↓↓

通常機と指揮官機のカラーリング比較

今回は特に組み立て時間などを測らず,ところどころ立ち止まって比べていくことにしますが,胴体部分だけでも黒ベースと紫ベースでこれだけ印象が違います。

この胴体にイエローパーツを付けていきますが,組みあがった様子はまるで深海魚でしょうか↓↓

深海魚のような色合いの指揮官機

Zキャップの赤色と相まって,大変に凶悪な顔をしています。

これに手と脚を付けたら,骨格形態の復元が完了です↓↓

指揮官機の骨格形態

口を大きく開くと,「あー,帝国軍のゾイドだなぁ。」と感じます。

このとき動作確認も済ませましたが,覚醒ワイルドライガーのときと異なり,動作速度がアップするようなことはありませんでした。

とはいえ,そもそも通常機のカラーリングがすでにパール仕様のような見た目だったので,モーター自体も初期の段階から高性能なモーターが積んであったということなのでしょう(つまるところ,ZW01のワイルドライガーのみが貧弱な電源部でした)。

しかし,改めて動きを見直しましたが,ギルラプターの動きはスマートで良いですね!

通常版の時点で,ほぼ完成されたゾイドだというのは確かでしょう。

後半はアーマーの取り付けを行います。

装甲パーツはマット仕様で,覚醒ワイルドライガーのブラックと同じ上品な色です(通常のギルラプターも同じ色です)。

パーツ自体の形はすべて通常機と同じ。

完全形態を復元した様子がこちらになります↓↓

ギルラプター指揮官機の完成形

カッコいいですね!

ゾイドワイルドの色使いですが,1体だけ出すなら無難なカラーリングで仕上げてしまうのが良いのでしょうが,わかりやすく違う感を出すには,思い切った色使いの方が良いのだと思います。

個性が際立つと言いますか,これじゃないといけないレベルです。

今回の指揮官機,ネットショップの商品紹介の画像では,「なんとなく苦手かも。」といった印象を持っていたのですが,実際手にしてみると,マットな色の質感のおかげか,大変落ち着いていて上品な色合いで気に入りました

並べてみましたが,みなさまはどちらの方が好みでしょうか↓↓

ギルラプター2種類を並べた写真

 

ギルラプターのカスタム例

最後はおまけのコーナーです。

まずはゾイドアプリのフレームに入れて撮ってみた様子がこちら↓↓

ゾイドアプリを使って撮った指揮官機

スマホゲームだと「レアパープル」という説明も見受けられましたが,完成されたカッコよさがありますね。

ここではさらなる探求の道に進みましょう。

通常版と指揮官機のパーツが同じということは,カスタマイズし放題ということにもなりますので,ここからはいくつかバリエーションをお楽しみください。

まずはギルラプタージェット(名前は管理人が勝手につけています)↓↓

ギルラプターのカスタマイズ例1

全身マットブラックのせいでサイボーグのような,やたらと堅そうな見た目になります。

残ったパーツを指揮官機に取り付けてみると,これはこれで別個体ができました↓↓

ギルラプターのカスタマイズ例2

なんかこんな色合いのミニ四駆ありませんでしたっけ。

ちなみに私の家のギル様は,こんな感じになりました↓↓

ギルラプターのカスタマイズ例3

ブラックをベースに,シルバーのZキャップとイエローのウイングショーテルが映えるギルラプタークレッセント(三日月っぽかったので)です。

 

まとめ

カスタマイズしたギルラプターたち

以上,ギルラプター指揮官機のレビューになります。

通常機との違いはカラーバリエーションだけにすぎませんでしたが,逆にその類似点を生かして,双子コーデじゃないですけど,自分だけのオリジナル機体を作成できて楽しいです。

ゾイドワイルドのムービングキットを初めて見た子どもは,「レゴみたい!」と声を揃えて言うのですが,それは確かに的を得ていて,今回のようなカスタマイズはまさにレゴ的なものでしょう。

皆さまも是非,自分だけのオリジナルギルラプターを作ってみてはいかがでしょうか。

指揮官機と通常機があれば改造なしで,簡単に作れちゃいますよ!!

最後までお読みいただきありがとうございました。

-ゾイドワイルド

管理人のお気に入り

キュボロスタンダード作品例5 1

今回は「キュボロスタンダード(現スタンダード50)」についてレビューしていきたいと思います。 キュボロにはかなり多くのシリーズが展開されていますが,遊ぶのに必須とされる「スターターセット」に属していな ...

Go PoP!のパッケージ 2

今回は,プッシュポップと呼ばれるおもちゃの中から,元祖である「Go PoP!」のレビューをしてみたいと思います。 割れ物の梱包に使うプチプチを大きくしたような見た目をしていますが,色も着いていますし, ...

blank 3

今回は,くもん出版が販売している「こどもえんぴつ」についてレビューしていきたいと思います。 本商品は形や材質に特徴を持たせており,文字を書くことが好きになる人気商品です。 特に,これから鉛筆デビューす ...

数種類のブットバスター 4

クリスマスは毎回何かしらのおもちゃを買っていますが,コロナの影響で満足に実機を見て回れない中で,今年は「ブットバスター」に決めました。 ラジコンというジャンルはまだ開拓していなかったことと,ゲーム機を ...

レゴマリオのスターターセット 5

今回は2020年に突如発売となったレゴマリオから,一番最初に買うべき「レゴマリオとぼうけんのはじまりスターターセット」のレビューをしていきましょう! ところで,LEGOシリーズには「マインドストーム」 ...

レトロフリークとFF5 6

これまでにミニスーパーファミコンなどを買って遊んできましたが,あらかじめ内蔵されているもの以外のタイトルもやりたくなってきてしまいました。 過去の記事 ミニスーパーファミコンのレビュー ニンテンドーク ...

ジェンガのレビュー 7

根強く売れ続けているおもちゃというのは,いつの時代になっても楽しめるものです。 今回レビューするのは,世界的に有名な「ジェンガ」ですが,こちらもその例に漏れることなく,子どもの知育目的から大人どうしの ...