ゾイドワイルド

ゾイドワイルド第6話レビュー!クロアメさんに惚れる回

2018年8月30日

今回はアニメゾイドワイルドより第6話目をレビューしていきましょう。

気になるタイトルですが,「祭りで決闘<バトル>!ライガーVSグラキオ」です。

クロアメさんの活躍が見られること間違いなしのタイトルですが,途中にはまさかのあの子も登場してきますよ。

それでは早速,感想とあらすじについてまとめて行きましょう!

ゾイドワイルド第6話前半のあらすじ

「うぉー,今日も冒険日和だぜー!」と気負いながらも食べるものがなくて,冒頭から生死の境目を彷徨うアラシ。

ほとんどその場から進むことなく,ついには倒れ込んでしまいますが,そこに現れたのは頭の長いシルエットの老人↓↓

左上からの登場です。

早速「トッハ(←実は自分の名前)」と謎の言葉を残す老人ですが,彼は敵なのでしょうか,それとも味方なのでしょうか。

ライガーの様子から察するに,その老人を敵とはみなしていないようです。

場面は変わって村に着きましたが,その名前はテンガロン村↓↓

テンガロンハットが素敵に揺れています。

ここでアラシの様子はというと,大変豪華におもてなしされていました↓↓

たらふく食べて幸せそうなアラシ。

私もお腹が空いてきました。

アニメ版ゾイドワイルドのこれまでの回を振り返ると,御馳走された後というのは,大体嫌なことに巻き込まれることが多いアラシですが,今回はどうでしょう。

どうやらこの村ではゾイドはみんなに大人気で,雰囲気はいいですね↓↓

「何せこの村はゾイドハンターが作ったと言われているからのぅ。」

ハットの似合う村長曰く,ゾイドも村の近くで発掘されていますし,ゾイドハンターの情報交換の場として利用されているということで,村人の理解も得られているのでしょう。

ちなみに年に一度,隣村と合同でゾイド祭りが行われるとのこと。

そしてその日はいつかというと,どうやら明日だそうです(笑)

詳細を告げずに「出場するかの?」と誘う村長を,娘のカロンが正します↓↓

どうやら裏に何かあるようで,やっぱり今回も厄介事に巻き込まれそうですね。

「アホそうじゃし。」と村長。

アラシはここでも小馬鹿にされています。

そんな3人の輪の中に突如割って入って来たのは,これまた長い帽子をかぶった老人。

どうやら隣町の村長のようです↓↓

長ーーいキャップから彼の名前を連想できますが,彼はプッキャ村長です。

村長同士の仲があまり良くないことから察した方もおられるかもしれませんが,明日の祭りはケンカ祭りとのこと↓↓

これまではゾイドの人形を使って争っていたらしいのですが,今年ばかりは本物のゾイドを戦わせることに決まったそうです。

「やってやろうぜ,ライガー」的なアラシに応えるライガーさんのやる気はこちら↓↓

まったくやる気無さそうで草。

それは心配にもなるものです。

バトルの相手を偵察しようと,アラシとライガーは隣のベスボ村にやってきました。

カモフラージュも完璧です↓↓

そんな偵察中のさ中,アラシは壁のようなものにぶつかってしまいますが,その正体は「最大の生物種」とも噂される,あのゾイドでした↓↓

そうです,グラキオサウルスです↓↓

搭乗するのは,無口で有名なクロアメさん。

アラシと別れた後,クロアメさんは砂漠や山脈を旅したそうですが,今回ベスボ村の住民がかぶっているキャップが欲しくなって参加を決めたそうな。

普段身に付けている青い帽子の代わりに,貰った赤いキャップをかぶり直してはにかむクロアメさんは貴重なショット↓↓

2時間も語り合った2人でしたが,明日の健闘を誓って一旦分かれます。

「寝坊するなよー」と自らフラグを立てていくアラシ,流石です↓↓

そんな帰り道,アラシとライガーをデスメタル帝国のスコープが捉えました。

これは絶対乱入してきますね。

 

ゾイドワイルド第6話後半のあらすじ

祭りの朝、やっぱり寝坊してしまったアラシですが、トンガ村のみんなの歓声に答えながらベスボ村へと向かいます。

そんな途中で会ったのが,なんとペンネです↓↓

ちょっと挨拶を交わした途端,すぐどこかに行ってしまいそうなペンネでしたが,その理由は「恥ずかしかったから」だそうです。

あんなカッコいい別れ方をして,こんなにすぐアラシ達に再会してしまったので無理もないでしょう(笑)

テンガ村には情報収集目的で寄ったそうですが,彼女が今回のバトルのルールについて教えてくれました↓↓

  • バトルは円形の闘技場で行う
  • 場外に落とされたら負け
  • 戦闘不能になっても負け

「スピードのライガーVSパワーのグラキオ」という戦いの構図がみえますが,闘技場は逃げ場が全くないところなので,下馬評ではグラキオサウルスが有利

といった具合に,状況を事細かに教えてくれるペンネでしたが,アラシはまったく聞く耳を持ちません。

「全然聞いてないし!ま,痛い目見ればいいんじゃない?行くわよ,スコーピア!」とその場を後にする去っていくペンネとスコーピアでしたが,それを横目にみるのはデスメタル帝国の方たち↓↓

それからしばらくして,いよいよ2体のゾイドの入場となりました。

グラキオサウルスは重厚でカッコいいですねぇ↓↓

対するワイルドライガーとのサイズ差はこれほどにありますが,アラシも武者震いするぐらい楽しみにしている様子↓↓

ゴングが鳴ると同時に,グラキオの威嚇が真空波となってライガーに襲い掛かります↓↓

前脚の蹴りだけでこの威力ですからね。

しかしこれからいよいよ本番と思ったのも束の間,最悪のタイミングで,空気を読めないデスメタル帝国の連中が乱入してきます↓↓

懐かしい方々(ソダースとザマ―ス)に加えて,初登場のアザース小隊長を加えた3人が登場です↓↓

しかし,ライガーを「道具」呼ばわりしたのはマズかった。

アラシさんが本気モードに↓↓

可哀そうなラプトールたちは,キングオブクローで瞬殺です↓↓

さらに村人を人質に取ろうとしたものですから,今度はクロアメさんの逆鱗に触れてしまいます。

彼の手にもゾイドキーが↓↓

今回,本能解放(ワイルドブラスト)したクロアメさんの声を初めて聴くことができました。

そして必殺のグランドハンマー↓↓

衝撃は地中を伝わり,遠くの敵まで吹き飛ばします↓↓

強い,強すぎる!

クロアメ先輩の本気回でした↓↓

 

第6話のピックアップゾイド

グラキオサウルス

今回の第6話で最も目立ったゾイドはグラキオサウルスがダントツです。

強大なパワーが際立った回だったように思います。

尻尾によるナギ払いを一発貰っただけで,ライガーともいえどタダでは済まないといった様子でしたし,クロアメさんの人となりも少し垣間見えたので大変満足です。

なお,市販されているグラキオサウルスのムービングキットをレビューした記事はこちらからどうぞ↓↓

ワイルドライガー

とはいえ,ワイルドライガーも主役機に相応しくスピードで魅せてくれましたし,テンガロンハットをちょこんとかぶった様子は笑いを誘ってクスりとさせてくれましたね。

ワイルドライガーのムービングキットもカッコいいので,グラキオと是非2体並べてほしいものです↓↓

 

まとめ

以上,ゾイドワイルドのアニメより,第6話のレビューでした。

グラキオサウルスの圧倒的パワーを漫喫できるだけでなく,クロアメさんの男気溢れる貴重な声が聞けてお得な気分になれる回だったと思います。

アニメの最後には,デスメタル帝国にこき使われる第2の仲間(?)のマカロニの姿も登場しました↓↓

次の第7話も楽しみにしましょう!

最後までお読みいただいた方,ありがとうございました。

-ゾイドワイルド

© 2020 行き先は在庫あり