おもちゃのレビューと在庫に出会えるサイト

行き先は在庫あり

管理人より

現在,スタディサプリENGLISHのキャンペーンコードを限定配布中です。1か月無料にできますので,英会話・英検・TOEIC対策などにお役立てください。

テーブルゲーム 知育

ウボンゴのレビュー!

パズル盤のテーブルゲームと言えば,この『ウボンゴ』が有名です。

ルールが極めて簡単で,パズルを組み立てる速さを競うゲームということで,スピーディーな展開が楽しめます。

知育玩具としても十分にその機能を果たしているウボンゴですが,今回のレビューを通じてその魅力に迫っていきましょう!

 

 

ウボンゴとは

ウボンゴとは

パズルボードにある空欄マスを,テトリス的なブロックで埋めて完成させるまでのスピードを競います。

作成したのはモナコに住むグルゼゴーツ・レヒトマンという方。

全てのプレイヤーが共通で12ピースのブロックを持ち,毎回違うボードの問題を解いていきます。

問題数は全部で432問にも及びますので,かなりの脳トレが期待できるのではないでしょうか!

解けた人は宝石という報酬を手にすることができますが,9ラウンド全部の終了時点で集めた宝石の価値が最も高い人が勝者となります。

簡単な説明でしたら,日本の輸入元である株式会社ジーピー様が上げている動画が早いです↓↓

 

詳細についてはこれから解説していくので,そちらを参照にしてくださいね。

対象年齢は8歳以上。

一度に4人まで遊べ,大体25分くらいかかります。

 

 

セット内容

セット内容は以下の通り↓↓

ウボンゴのセット内容

  • 取扱説明書
  • 宝石58個
  • パズルタイル(テトリス的なやつ)12種×4セット
  • パズルボード36枚
  • 砂時計
  • ラウンドトラックボード

パズル自体はピースとあわせて十分に遊びやすそうなサイズ感,付属品もかなりのボリュームがあります。

最初に配られるパズルタイルですが,同じ形はありません↓↓

パズルのピース

色も微妙に異なっているんですね。

 

また,これが問題にあたるパズルボード↓↓

パズルボード

上のは簡単とされる3ピースで作る問題ですが,裏返すと難しい問題になります。

4ピース使用はなかなか手ごわいですよ↓↓

難しいパズルボードは4ピース

 

宝石は子どもが好きそうなクリア素材↓↓

ウボンゴの宝石

たっぷりありますね。

ゲーム開始の前に,黒い袋の中に全部しまっておきましょう。

それではゲームのスタートです!

 

 

遊び方

テーブル中央にパズルボードを裏返しにして全部置きます。

遊び方1

向きについてですが,例えば,簡単な問題で遊ぼうと思ったら,4ピースの面が上に来るように置くということです。

 

続けて,パズルタイルを1人1セット(12種類)配布しますが,ラウンドトラックボードと呼ばれるものに青と茶色の宝石をセットしましょう↓↓

ウボンゴは9ラウンド

ボードに1~9までの数字がありますが,ラウンドは9つまで。

後述する宝石の点数についても上に記載があります。

 

さぁ,問題を解くときが来ました!

全員が中央の山からパズルボードを1枚ずつ取り,解くべき面をオモテにします。

次に一番若い人がサイコロを振り,砂時計もさかさまにします。

お面のマークが出ましたので,その横に書いてある3つのタイル(紫・茶・赤)を使って,ボードの白い部分を埋めていきましょう!

ウボンゴの遊び方2

裏表は自由に使って構いません。

ただし,白いマスからはみ出さないように埋めることにだけ注意してください。

 

できました↓↓

ウボンゴ完成!

解けた人はすぐに「ウボンゴ!」と言います。

残りのプレイヤーはここで手を止めず,自分のパズルを解き続けましょう

砂時計がなくなったことに気づいた人は「ストップ」と言い,その時点をもってそのラウンドは完全に終了となります。

なお,もし誰一人解けていなければ,もう一度砂時計を裏返し『チャンスラウンド』として再開しても構わないとのことです。

 

ウボンゴの世界では,問題を解けた人全員が報酬の宝石を手にすることができます

全員,黒い袋に手を入れて1つ宝石をもらいますが,1位と2位の人はボーナスとして,ラウンドトラックボードにある青と茶の宝石もそれぞれ手に入れられることができるので多少有利です。

残念ながら,時間内に解けなかった人は何ももらえません

ちなみに,解けた人が1人だった場合は,2位用の茶色の宝石は黒い袋に戻します。

また使ったパズルボードは全部回収して,どこかにまとめておきます(もう使いません)。

 

最初サイコロを振った人の左隣の人が同じように振って,2ラウンド目以降を始めましょう!

 

 

勝敗の決め方

勝敗の決め方

宝石を袋から引けるということで,ウボンゴでは運要素も絡んできます

宝石ごとに価値(点数)が決まっており,それぞれ,

ルビー・サファイア・エメラルド・琥珀

を模しているようですが,色で言うと,

  • 赤は4点
  • 青が3点
  • 緑は2点
  • 茶が1点

として計算します(この点数に関しては,ラウンド数を示すボードの上部に記載があります)。

全ラウンドを通して総合点が最も高い人が勝ちとなりますが,もし同点のプレイヤーが複数出てきた場合においては,新たにパズルボードを1枚ずつ持って,時間無制限で早く解いた人が勝ちとなります(いわゆる延長戦。ゴルフで言うプレーオフ)。

また,宝石を引くことによる運要素を排除したければ,1位~4位の順に沿って,赤~茶の宝石を受け取るように設定することもできるようです。

 

もし1人で遊ぶ場合は,限られた時間の中で何問解けるかであったり,まとめて数問を何分で解けるかに挑戦することができます。

 

 

まとめ

ウボンゴのレビュー

以上,ウボンゴのレビューでした。

パズルを制限時間内に完成させるのはほどよい緊張感を与えてくれます。

人によっては結構な実力差が表れてしまいますが,それもまた宝石を引くときの運要素でカバーできる場合があります(もちろん実力が均衡していると,より楽しめます)。

問題数は432問もあるので,楽しく頭を鍛えることができるはずです。

宝石のセットやタイルを配ったりで,始める前に準備はやや必要ですが,小分け袋も付いているので,1セットごとにまとめておけば開始時も楽々。

ウボンゴの工夫

 

育ち盛りのお子様がいらっしゃる場合は,是非一緒に楽しんで,平面図形に強い頭を作りましょう(実際に教育現場でも使われています)↓↓

 

今回紹介したウボンゴのパッケージサイズは30㎝弱の正方形ですので持ち運びには不向きですが,そこはミニ版も出ていますので,うまく使い分けるといいでしょう。

ただし,通常版と仕様が少し異なるので注意してください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

応援していただける方は,クリック or シェアして頂けると大変喜びます↓↓

FC2 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ

-テーブルゲーム, 知育

Copyright© 行き先は在庫あり , 2019 All Rights Reserved.