知育

くもんの玉そろばんの使い方をわかりやすく解説!

今回は,くもん出版の「玉そろばん」という知育玩具で遊んでみたいと思います。

120までの数を唱えることで,何やら数の学習ができるということですが,対象年齢は3歳以上と言うことで,思っていた以上に早くの成長段階から使わせることができるようです。

どのような使い方をすれば上手に遊ぶことができるのかについては,ガイドブックが入っていましたので,その解説を中心に考えてみましょう!

玉そろばんに入っているもの

玉そろばんのパッケージ

今回購入したのは,「くもんの玉そろばん120」という商品です(楽天株式会社様より資金提供していただいております)。

ちなみに注文した店舗はハピネットオンライン楽天市場店です↓↓

大きなパッケージの見た目とは裏腹に,中を開けると意外とすっきりとした風貌の本体と,ガイドブックや本体にセットするボードらしきものが出てきました↓↓

玉そろばんのセット内容

水色の「仕切り板」と呼ばれるものも1枚入っています。

これは本体に取り付けて区切るようですが,いったいどのように使うのでしょうね。

ちなみに,本体を包む封を切ると,早速木の良い香りが漂うのはスタディ将棋のときと同じです。

ちょっと玉を動かしてみましたが,かなりしっかりと(どっしりと?)動くので安定している印象があります。

子どもが動かしやすいように工夫されているのでしょう。

なお,本体の幅が「幼児の肩幅のサイズ」に調整されている点も,この知育玩具の特徴です。

ちなみに私はそろばんの経験がないので,うまく指導できるのか心配でしたが,ご安心ください。

そろばんの繰り上がりの知識などは全く必要にはなりません(仕切り棒の差し込み方によっては,疑似そろばん的なものもの作れそうですが)。

なお,学ぶべきガイドブックですが,「分厚くて読むのが大変だろうな」と覚悟はしていましたが,実はページ数が少なく薄い冊子となっていました。

くもんが推奨する遊び方は,この3ページにすべて収録されているようですね↓↓

玉そろばんの解説書

詳しい使い方の前に,まずはこの玉そろばんが開発された目的からみていくことにしましょう。

 

玉そろばんで育つ能力

パッケージ裏面

なるほど,玉そろばんは知育目的で開発された玩具ですからね。

しっかりとその目標とする能力が最初のところに書かれてありました。

大目標とされるのはどうやら以下の3つのようです↓↓

数の並びや規則性に気づく

大人の私たちが当たり前だと思っていることを子どもに説明するほど難しいものはありません

「なんで11の次は12なの?」という質問に対しても,「1の次は2だから」と説明はできても,十の位が同じことまでは上手く説明できそうにないです。

こういったことへの気づきというのはアプローチを色々変えて粘り強く教えていくとともに,やはり本人が法則めいたものにピンとくるまで辛抱強く待つしかないのでしょう。

また,「56の前や次の数は?」と言われた時に,「55・57」と答えるのもかなり難しい概念の様子。

そういったことを教えるのに,この「玉そろばん」が役立つことを是非期待したいものです!

数への興味を持たせ,ことばの世界を広げる

数を通して,「多い・少ない」,「長い・短い」といったことばを理解させることも,この知育玩具が目標とすることの1つです。

「助数詞」と呼ばれるそうですが,「個・本・枚」などの単位を使って身近な物を数えていくことで,子どもは数に興味を持ち,ことばの世界を広げることにつながるとあります。

封入されている「数シート」にはニンジンやワンコの絵が描かれていますが,きっとこの目的で使うのでしょうね(詳しくは後述)。

指先の運動機能を高める

指先の動きと脳の発達には密接な関係があるのは大人の世界でも言われており,指を使う機会の多い音楽家(ピアニストとかギタリストとか)には認知症の人が少ないという話もよく耳にします。

同様に,子ども時代に指先を器用に使わせることで色々な面での発達が促されるということですから,この玉そろばんで末永く楽しんで遊んでくれると脳にも良い影響を及ぼすのでしょう。

解説書に書いてはありませんが,2人以上で遊ぶこともできるので,コミュニケーション能力も育ってくれればと思います。

それではいよいよ次章から,具体的な使い方をみていきましょう!

 

玉そろばんの使い方

玉そろばんには全部で6つの遊び方があります。

それは以下で紹介する「玉はじき・数唱・助数詞・かぞえていくつ・二人で数唱・合わせて10になる数」の6つです。

玉はじき

まずは「玉はじき」と呼ばれる使い方ですが,これはもはや数の概念は関係なく,純粋に玉の動きを楽しむものですね。

確かにこの方法なら3歳児でも遊べますし,先の目標で言うところの指先の運動になる感じが伝わってきます。

自分の幼少期のことを思い出しましたが,そろばんの玉がぐるぐる回るのを見るだけでも楽しかったですし,このときなんだか面白い音がしますね。

また,本体を横にして,玉を上に持ち上げてから少しずつ落としていくような遊び方もできるようです。

こちらはなんだか縦に玉が揃うので,数学的な感じがぐっと強まります↓↓

玉はじき

「雨みたーい」などときっと言うのでしょうね。

純粋に玉と玉をぶつけて攻撃しても子どもは喜んでくれますよ!

数唱

2つ目の使い方からは,いよいよ数の概念が登場してきます。

この玉そろばんを購入する方の目的として一番多いのは,足し算引き算の概念を教えることだという話もありました。

数唱では120までの数字が書かれた数シートを使用します↓↓

120までの数シート

まずは小さい数から始めて,3段階で大きな数へと広げていくのがセオリーです。

第1段階は「1~10の数唱」ですが,玉を全部右に寄せて,指で1つずつ左に動かしながら数えてもらいます。

なお,このとき赤い球が目的の数字の上に行くことをしっかり印象付けるのがポイントだということで,10まできちんと数えられるようになったら,第2段階は「50」を目指しましょう。

こちらは35を数えるときのもの↓↓

35を数える

なお,「数シート」と呼ばれる差し込む紙ですが,水をはじきそうな固めの材質でできており,本体の溝に差し込んで使います。

そして50まで数唱できたら,最終段階は一気に「120」まで,その範囲を拡大していくようです。

ここまで来ると,121以降の数唱にも応用できるルールを掴んでいることでしょう。

玉そろばんが100までではなく,120まである理由が分かった気がします。

この余計な20個が,100以降の数え方を教えるのに重要だったんですね。

助数詞

続いて,数に対する興味とことばの世界を広げるために,「助数詞」を用いて数えていくのが3つ目の遊び方となります。

全部で12種類のものを数えるようですね。

数シートB

1~10までの数になっていますが,リンゴなら〇個,猫なら〇匹,ニンジンは〇本といった具合に,使うべき単位は物ごとに変わります。

助数詞の一覧はガイドブックに載っていますのでご心配なく↓↓

助数詞の一覧

「日常に存在する可算名詞は,助数詞を付けることで数えることができる」という気づきから,外で何かを見かけたり,スーパーに行ったときに,数えられるようになるのでしょうね。

なお,目的以外の要素に関してはなるべく簡単にするのが教えるときのポイントで,犬を32匹だったり鳥を78羽などまで数えたりしないのはそういう理由からだと思います。

数字は小さく,あくまで単位に集中させるということです。

なお,牛はみなさんどう数えますか。

なんとなく無意識に「頭」で数えていましたが,「匹」とどのように違うのか説明できるでしょうか。

わからなかったので調べてみると,馬や牛のように,抱きかかえられないサイズの動物は「頭」と数えるのが普通のようです。

もっとも匹や蹄(てい)とも数えてもよいみたいですけど。

慣れというのはすごいですね。

「自分が日本語のネイティブである」という感覚が少しわかりました。

とはいえ,そこまで単位に厳しくしてやる気を失われては困りますから,もし子どもが知っているような単位があれば,そちらに合わせていきましょう。

1ワンワン,2ワンワンとかでもいいんじゃないですかね。

なお,先の一覧表をみるとわかりますが,「個・匹・本」以外にも,「杯・枚・両・軒・台」などの沢山の単位が登場するように工夫されています。

数えていくつ?

4つ目の遊び方では,それ専用の数シートを用いますが,こちらはもっと面白いですね!

なんと,書かれているイラストの個数までバラバラになっています↓↓

数シートDの例

ここでは「全部でいくつあるのか」という概念を教えるようですが,数え終わりの数(一番右の玉が示す数)こそが全部の数を表していることに気づかせることが目標です。

上手く教えられるのか心配ですが,最後の玉をぐるぐる回して,印象付けてみてはいかがでしょうか。

二人で数唱

5つ目と6つ目の遊び方では仕切り板を使用します。

ここでは赤と青の玉を分けるように真ん中にセットし,60までの数を2人で数えていきましょう(2人用になると120までではなく,最大で60までの数字を数えることになります)。

2人での遊び方

これは2つ目の使い方で紹介した「数唱」のときにも導入できる使い方で,兄弟や友だち,または親子で遊ぶことで,数え終わるまでを競うこともできますし,姉が妹に教えながら一緒に数えていく姿はなかなかに心温まるシーンになりそうです。

意外と子どもの方が大人よりもうまく教えられたりするのかもしれませんね。

教えることで,教わる側だけでなく教える側の理解まで深まるというのは事実です。

合わせて10になる数

最後は,足し算引き算の概念を教える高度な遊び方になりますが,このように適当に玉を散らして仕切り板を差し込みましょう↓↓

足し算を教える

そして仕切りの左側に位置する玉の数を数え,「右側の」玉の数を当てるようです。

上の写真の最上段の例で説明しますと,仕切りの左にある玉の数が2ですので,そこから「8」という数字を導き出してもらいます。

2段目ですと左が6ですから「4」といった具合ですね。

また,青の玉が上に来るように寝かして使うこともでき,今度は仕切り板の上にある玉を数え(例えば1番左の例ですと8),下の数を言います(この場合は「2」)↓↓

玉そろばんを横にして使う場合

2と8,3と7,4と6,5はどちらも5ですが,そういった兄弟のような数字のペアに自然と慣れていくことで,大きな数の引き算にも対応できるのでしょう。

その場合忘れてはならないのが「ゼロ」の概念かなと思って,何もない状態も作って,0と10というペアも教えてみようとしましたが,うまく仕切り版がはまらないようになっているあたり,時期早々ということなのだと理解しました。

確かに0のウラが10であるというのはなんだか変な感じがしますね。

 

まとめ

玉そろばん120のイメージ

以上,くもん出版から「玉そろばん」のレビューでした。

3歳から遊べて,数を通して身近なものに興味を持ち,子どもの世界が広がるということで,数の法則に関する何かに気づくきっかけになるものというのは,たえず子どもの近くに用意しておきたいものです。

数唱の大切さははっきり言ってよくわかりません。

ですが,お風呂から出るときやかくれんぼなどで数を数えますね。

まさにこれは数唱をしていることに他なりません。

昔から引き継がれてきた事というのはそれだけ大切であることが多く,その裏にはきっと大きな理由があるのでしょう。

是非,3歳以上のお子様のお部屋にはこの「玉そろばん」を置いてみてほしいと思います↓↓

最後までお読みいただきありがとうございました。

応援していただける方は,クリックして頂けると大変喜びます↓↓

FC2 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ

-知育

Copyright© 行き先は在庫あり , 2020 All Rights Reserved.