ホビー

「PS4 Pro」のレビュー!ブルーレイの再生機として買いました!

PlayStationを初めて手にしたのは中学生の頃でしたでしょうか。

アークザラッドをプレイした時の画面の美しさに,当時たいそう感動したことを覚えています。

あれからだいぶ時が流れ,最近ではPS4 Proが発売となりました。

まったく久しぶりなゲーム機ですが,「PlayStation4 Pro」にはどのような機能があるのでしょう。

ライトユーザーなりにレビューしてみたいと思います。

PlayStaion4 Proの魅力

今回買ったのは,2017年10月2日に発売されたPS4 Proとなります。

発売から半年後の購入となりました。

それから2年間が経って,PS5のアナウンスもされた今,値段としてはさらにお求めやすくなっています↓↓

メーカーのHPに行ってみると,本体の仕様の欄にCPUやメモリについての説明が詳しく書いてあります。

それにしても8コアとかメモリが8GBとか,私が購入したもののHDDは容量が1TBですし,ちょっとしたパソコンよりもハイスペックです。

USB3.1のポートは3つもあり,光学ドライブはBD(6倍速)とDVD(8倍速)ともに読み込みができます。

ただし,CDなどは再生できないので注意が必要です。

PlayStationでCDを再生して聴いていた思い出があったので,ちょっとクリスマスにジングルベルの曲でも流そうと思ったのですが読み込んでもらえませんでした。

実は,今使っているパソコンではブルーレイを再生できなかったため,PS4を買った目的にはブルーレイ再生機としてという思惑も大いにありました。

最近では「PS VR」というユニットも購入したので,仮想スクリーンに大画面で映し出してみたり,3DのYouTube動画なども楽しんでいます↓↓

メインが動画鑑賞機で,たまに友達が遊びに来たときは,地球防衛軍とかバイオハザードとかで遊ぶくらいになっていますが,ブルーレイプレイヤーを買うくらいなら,ゲームができる分お得だと感じています。

あまり大声では言えませんが。

もちろん,簡単な操作でできる1人用のゲームも楽しんでいて,ドラゴンクエストXIは本当に面白かったですし,最近ではFFVIIのリメイクが気になっています↓↓

さて,PlayStation4には,私が購入した「Pro」という名を冠するモデルと,無印の通常版がありますが,Proを購入すべきかどうかは,次の質問に該当するならYesです。

その質問ですが,

あなたは4K対応テレビを持っていますか

です。

  • 4Kクオリティの画質
  • 安定した高速な動き

この2点こそが,PS4 Proの最大の魅力だと言えるでしょう。

折角4KのTVを持っているのであれば,その恩恵をフルに活かせるPS4 Proを購入しないのは宝の持ち腐れで,本当もったいないです。

こちらは以前レビューしたダークソウルリマスタードのプレイ画面ですが,きれいな画質のおかげで臨場感が高まります(もっとも難しくてまだクリアできていないですが)↓↓

また,次の画面はドラクエXIのものですが,まったく自分の知っているドラクエっぽくないように感じてしまうのは,そう思えるほどにPS4 Proが高画質だからでしょう(DQ11には壮大なドラマがありました)↓↓

プレイしていると,壮大な世界観を贅沢に堪能できている感が,ひしひしと伝わってきます

まさに「ハイエンドモデル」と呼ぶにふさわしい完成度でした。

また,4Kの解像度までの動画再生にも対応しているので,Netflix,Hulu,YouTube,Amazonビデオなど,4Kストリーミングビデオサービスを視聴されている方には別の魅力があるかもしれませんね。

なお,肝心のブルーレイの方も,大変鮮やかにそして安定して再生できました↓↓

コントローラーで,メニュー画面を操作するところが新感覚でした。

また,音質にこだわる方は,サウンドバーは必須だと思います。

私のおすすめは,重低音を担当するものが別に付いている上のようなものです。

 

PS4 Proのセット内容

ここで,PS4 Proの付属品についてまとめておきましょう。

かなりシンプルで,左から右に紹介していくと,以下のようになります↓↓

  • PS4 Pro本体(型番:CUH-7100BB01)
  • 電源コード
  • USBケーブル
  • HDMIケーブル
  • コントローラー(型番:CUH-ZCT2J)

1つ注意が要るのは,コントローラーが1つしか入っていないということです。

誰かとやる予定があるのであれば,もう1つ別に揃えましょう(詳しくは次章でまとめます)。

続けて各種ケーブルについてですが,PS4 Proの高機能を制限してしまうような低スペックのものではありません

別途購入する必要性はないでしょう。

また,1TBも容量がありますから,HDDも必要に応じて後から買い足せば良さそうに思います。

ソフトをダウンロードで購入するようなら分かりませんが,10~20本程度購入するくらいであれば容量には十分に空きがあります。

一番右に見えるのはモノラルヘッドセットですが,この数年間で一度も出番がありませんでした。

 

PS4 Proのアクセサリー類

今回PS4 Proを導入するにあたって,アクセサリーとして買い足したものを紹介します。

1つ目はワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK4)です↓↓

もともと付いてくるコントローラーと色を合わせて購入するのもいいですが,レビューを見ていると,色を全部変えて揃えられている方も多かったです。

私はグレイシャーホワイトという色のものにしました。

また,PS4 Proは,設置場所の都合で縦置きにしたかったため,冷却ファンに加えて充電スタンド(2個分)が付いた縦置きスタンドを買いました↓↓

これはサードパーティーのものでしたがAmazonでの評価は高く,PS4 Pro自体が重い(3.3kgある)ので,抜け落ちそうな雰囲気は皆無かつ音も静かでした。

これも買って正解でしたね。

細かい機能説明については以下のようになります。

USBケーブルをPS4本体に接続することで,スタンドに電源が供給されるようになります。

その際に1つポートが減ってしまいますが,スタンド分の3つが足されるので,USBハブは結果的に2つ増えることになりました。

先ほどのコントローラーと合わせて,裏面からみた感じはこう↓↓

サードパーティーのスタンドは,ソフトを飾れるものであったり,やたらとボリューミーなものがありますが,余計な機能付くほど故障したという口コミが増える傾向にあり,おすすめできません。

 

まとめ

以上,PS4 Proのレビューでした。

PS4はデザインも良くて,インテリアとしてもハマります

「PSマークは鏡面加工になっている」そうですが,こういうところに,ソニーっぽさを感じてしまう世代です。

香水瓶のウォークマンなどがあったことを思い出しました。

4Kテレビを所有されている方で,ブルーレイディスクの再生機をお求めで,ちょっとハイエンドなゲーム体験もしたいなとお考えの方には,大変おすすめです!!

迷わず購入してください↓↓

最後までお読みいただきありがとうございました。

-ホビー

© 2020 行き先は在庫あり