おもちゃの詳細なレビューと在庫に出会えるサイト

行き先は在庫あり

知育

ジェンガのレビュー!子供の知育目的から大人の白熱した戦いまで!

2019年5月24日

根強く売れ続けているおもちゃはいつの時代も楽しめるもの。

今回紹介するのは世界的に有名な『ジェンガ』ですが,こちらもその例にもれず,子供から大人まで幅広い年齢層に受け入れられています。

早速レビューしていきましょう!

ジェンガとは

ジェンガのレビュー

ジェンガの歴史ですが,1974年にイギリス人のレスリースコットという女性に開発され,1983年にロンドンで発売されたのが最初です。

日本でも1980年代に発売されたようですね。

ちなみに『ジェンガ』とは,スワヒリ語で「組み立てる」を意味しているとのこと(参考:Wikipedia)。

それでは,以下に最も基本的な仕様とルールについてまとめてみましょう。

パーツ:54本の直方体

開始時:縦横3本に組み上げた18段のタワー

ルール:最上段以外から片手のみを使って最上段に積み上げる。上から2段目は,最上段に3本があるときにのみ可能。タワーを崩したら負け。

 

単純な積み木のゲームと思いきや,ワンプレイで数十分かかる白熱したバトルが繰り広げられることもあります。

実際の商品レビューに移る前に,是非芸能人による(というかオードリー若林さんの)素晴らしい技術を堪能してみてください!

この動画の尺だけでも45分以上あり,それだけの長さ楽しめることがわかりますし,この独特の緊張感がたまりません。

 

 

レビュー

定番のジェンガとジュニアのレビュー

ここではタカラトミー製の普通のジェンガと,「ジュニア」と呼ばれる簡易版の2つを一緒にレビューしたいと思います。

買ったのが1年前ということもあり,現在はこのどちらも廃盤になっており,代わりにハズブロ社のもの(こちらも王道をいく仕様のもの)を購入することができますが,こちらは木製のみが存在し,『ジェンガ ミニ』と名の付くものもありますが,プラスチック製ではなく本数が通常の3分の1(18本)であることに注意してください。

 

通常のジェンガは天然の木材を使っており,良い木の匂いがします。

定番のジェンガ

 

一方でジュニア版は,プラスチック製で軽くて小さく,値段がお手軽で持ち運びに適しています。

ジェンガ ジュニアのレビュー

こちらと比べると,定番の木製のものは安定感に優れていて高級感がありますが,プラスチック版も素材の性質上,スルっと抜ける感覚が気持ちいいです。

 

詳しいルールをここに記しますと,

  1. 順番を決め,最初の人から右回りにゲームを開始します。
  2. 最上段以外のブロックを片手で抜き取り,一番上に互い違いになるように乗せます。
  3. 積み方は1層が3本になるまで,その上に積むことはできませんし,先述の通り2段目から抜けるのは,最上段が3本になっているときのみです。
  4. 抜く際は他のブロックに触れてもよいし,途中であきらめて元に戻し,違うブロックに移ってもOK。
  5. 積んだ人は積み終わってから10秒間待つか,次のプレイヤーがブロックに触るまでが責任時間となる。
  6. 崩してしまった人が負けです。

※赤字部分はジュニア版のルールにはありません。

ちなみに先の動画では,上から3段は触ってはいけない(2本積んで1段とみなす)などのルールが言われていましたが,現在その記載はありませんし,ジェンガガールさんもそのルールは知りませんでしたね。

そこらへんはあまりこだわらずにやっていきましょう!

ちなみにプレイヤー間で技量差がありすぎるときは,強い人だったら「利き手を使えない」,弱い人だったら「両手を使ってよし」などのオリジナルルールを追加する人もいるようですね。

 

なお,目指す目標としては30段が1つの目安となっており,その場合,タワーの高さは開始時の3倍にもなるというので驚きです。

海外の動画を観ると,『36段』なんていうとんでもない記録も打ち出されていました。

 

ちなみに我が家での遊び方ですが,積み木として人形の家を作ったり,ドミノ倒しをして遊んだりすると子どもも楽しそうにしてくれます。

 

 

まとめ

ジェンガのレビューのまとめ

以上,テーブルゲームの決定版,ジェンガのレビューでした。

紹介してきた内容のうち,覚えておきたい知識としては,

  • イギリス発祥
  • 片手でのプレイが基本
  • 他のブロックに触れても良い
  • 積んだ後,10秒間停止する
  • 30段を目指したい
  • 買うタイミングで様々なバリエーションが手に入る

といったところでしょうか。

 

おもちゃのレビューサイトとして2年以上運営してきましたが,この度,世界的に有名な『ジェンガ』をやっと取り上げられたことに安堵しています。

対象年齢は6歳からとなっており,最後にちょっと触れた通り,子供の手先を器用にしたり,積み木代わりの知育おもちゃとして用いることもでき,大人ももちろん楽しめるパーティーゲームの決定版というのが,私なりのこのおもちゃの評価です。

是非,お一つ備えておいてはいかがでしょうか!

ちなみにジェンガのバリエーションとしては,数字が印刷されていたり自分の名前を入れられたり,カラフルな物やキャラクターもの,さらには大きさのバリエーションがあるものなど,時期によって手に入れられるものが違うので,遊びたいものを直感で選ぶと良いでしょう(定番は木製で54本のブロックからなるものです)。

最後までお読みいただきありがとうございました。

応援していただける方は,クリックして頂けると大変喜びます↓↓

FC2 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ

-知育

Copyright© 行き先は在庫あり , 2019 All Rights Reserved.