【管理人のおすすめ】

現在,スタディサプリENGLISHのキャンペーンコードを限定配布中です。1か月無料にできますので,英会話・英検・TOEIC対策にお役立てください。

ゾイドワイルド

ゾイドワイルドのアプリレビュー!撮影機能がサイコー!

投稿日:

ゾイドの世界観を堪能できる機能満載の,タカラトミーの公式無料アプリ『ゾイドワイルド』が配信中です!

これまでのZOIDSアプリと異なり,今回のアプリの目玉はゲームではありません!!

今回はそんな独自機能である「ZFX」を中心に,ゾイドワイルドのアプリの方,レビューしていきたいと思います。

 

 

まずはインストール!

ゾイドワイルドの2作目であるギルラプターをレビューしている最中,復元の書の最後にあるQRコードの存在に気が付きました。

どうやら,このQRコードを読み取ることで,アプリで使える素材やゲームの特典がもらえるようです。

過去にダウンロードしたZOIDS関連のアプリは,ひたすら荒野をライガーに乗って走り回るやつで,イマイチ自分には合わなかったのだが,この「ゾイドワイルド」のアプリは,自分のゾイドをアプリで撮影することができるとのこと。

いわゆる『盛った』写真になるわけですね!

最近はインスタ映えとか,Storyで面白い内容の画像や動画を見るのが好きです。

ちょうどプラモも集めるつもりであるし,インストールしてみることにしてみました!

 

上の説明書を見るとわかるように,このアプリのメイン機能は全部で3つあります。

  1. ZFX(ゼットエフエックス)
  2. バトルシミュレーションゲーム
  3. 組み立てサポート動画

これらがその3つの機能になるわけですが,復元の書を見る限り,目玉機能はZFXだと思います(表示面積が1番広いため)。

というわけで,早速ZFX機能から,使ってみることにしましょう!

 

 

ZFX機能とは

ゾイドワイルドのZFX機能は,『ゾイド専用の写真・動画加工アプリ』です。

  • Z=ゾイド
  • FX=外部エフェクト

という造語でしょう。

ゾイド専用といいますが,被写体にはZOIDS以外ももちろん入れられますので,『ゾイド専用=ゾイドの世界観を醸しだせる』というような捉え方でよいかと思います。

キャッチフレーズは,

「カンタン操作でキミだけの活躍シーンが作れる!」

ですが,それはまさにその通り!

 

インストールしたアプリを起動すれば,早速撮ることができます↓↓

※ただしこの画面は初回起動時の特別なもので,2回目以降は,ゲームのチュートリアル終了後,トップ画面からZFXカメラを開くことで起動します。

また,本章のトプ画は,このZFXを使って撮ったものです。

他にフレーム例としては,

のような粉塵や,

ロックオンされた標的のようなものもあります↓↓

 

最初,以下のような写真を最初見せられた時は,「後ろの岩場や崖といったオブジェも背景にできるのかな」と勘違いしてしまいました↓↓

このジオラマセットは自由自在に使えるものではなく,タカラトミー様が自前で用意されたものです。

実際この写真の場合は,真ん中に見える爪痕がZFXです。

 

もちろん,それだけでも十分楽しめますがね。

 

 

ZFXでの撮影の仕方

2回目以降は,このようなゲーム画面がトップページのようになります。

左上にある,『カメラのようなアイコン(ZFXと書いてあるやつ)』をタップしましょう。

 

そうすると撮影画面が開きます。

上段でフレームを選び,下段真ん中のシャッターみたいなマークをタップすれば撮影できます。

復元の書のQRコードを読み取るときは,下段右にあるバーコードリーダーっぽいマークをタップすれば,読み取り画面に移ります(前の画面に戻りたいときは,これまた下段右のZFXマークをクリックすればOKです)↓↓

 

また,動画加工アプリということで,以下のような動画も撮れます。

NPNY5134(7MB以上あるので,開くときは注意)

テーマは,『危うくレッドロブスターになりそうなスコーピア』です。

 

この場合は,先ほどのシャッターマークをタップするのではなく,長押しすることで,画面中央に動画(ビデオカメラ)のマークが出てくるので,それが動画の撮れている印です。

手を離すことで,撮影はストップします。

マックス15秒くらいでしょうか。

 

次の章では,ゲーム機能についてちょっと触れてみましょう。

 

 

バトルシミュレーションゲーム

ゾイドワイルドのアプリには,バトルシミュレーションゲームと呼ばれる機能もあります。

ゾイドの世界設定について学ぶことができるので,ちょっと魅力的です。

自分の機体を駆使して,いくつかのミッションをこなしていくのですが,バトルシステムとしては,得意属性と苦手属性のある三つ巴のバトルとなっています。

例えば以下のような場合,相手の敵が黄色属性なので,赤色属性のワイルドライガーで挑むと,有利にダメージを与えられます↓↓

ワイルドライガーとギルラプターが同時出撃できてることにツッコミは入れてはいけない。

 

攻撃の前に,連打しまくるとマジレナリンが注入されて大ダメージですが,我が軍のギル様は苦手属性かつ連打が不十分でも,過剰キルでした!!

機体は確かにゾイドワイルドですが,アニメのキャラが出てくるわけではないので,好きな方はやってみると良いと思います。

なお,QRコードを読み込むと,そのプラモの機体が出撃させられるようになります。

おかげで我が軍には,すでに第一弾のワイルドライガー・ギルラプターなど全6機体がすでに配備されています。

 

 

組み立てサポート動画

トップページの右上にある『動画×工具みたいなアイコン』をタップすると,以下のような組み立てサポート動画のページが開きます↓↓

この中から,自分の作りたいゾイドの機体をクリックすると,YouTubeにある『組み立て動画ページ』が開くようになっています(タカラトミーチャンネルの公式動画です)。

 

 

まとめ

以上,ゾイドワイルドアプリの紹介でした。

ZFXは簡単にそれっぽい写真が撮れるので,これからも使って行こうと思います!

 

撮影機能について1つ注意点ですが,初回起動の後,アプリを閉じると,2度目に起動したとき強制的にゲームのチュートリアルを進めないとZFXは使えなくなります

作戦司令部(上の写真の女の人)から電話がずーーーっとかかってきて(アプリのゲーム内の演出),

「え,これ,ゲームをやらないと,写真撮れないの?!」

とかなり困惑しました。

なんとか気合で終わらせてからは,ゲームで水を差されることはありません。

今後も新しい機能が加わって,ますます充実したものになることを願います。

応援していただける方は,クリック or シェアして頂けると大変喜びます↓↓

FC2 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 おもちゃ・玩具へ

-ゾイドワイルド

Copyright© 行き先は在庫あり , 2018 All Rights Reserved.