はぁっていうゲームの感想!ルールと遊び方について

今回ですが,「はぁって言うゲーム」のレビューということで,概要と遊び方を中心にみていきましょう!

お題で指定された言葉を,プレイヤーが1人ずつ声と表情を使って表現していきますが,例えば同じ「はぁ」でも,全部で8種類の言い方があります。

プレイヤーの色々な表情が短時間で楽しめるので,相手の意外な一面を目撃できるかもしれません。

はぁって言うゲームとは

はぁって言うゲームのパッケージ

はぁって言うゲームは,バリエーション豊かなパーティーゲームを生み出す幻冬舎が制作しています。

時間にしては15分程度で簡単に遊べ,対象年齢は8歳から,3~8人で遊べるゲームです。

ルールについては後で紹介しますが,まずはセット内容を確認しましょう↓

はぁって言うゲームのセット内容

  • お題カードが30枚
  • アクトカードが8枚
  • 投票用カードが8枚
  • 投票チップが64枚
  • 得点チップが56枚
  • 説明書

アクト(act)というのは「演じる」的な意味ですので,お題に対して周りからの投票を経て点数を得ることが目的であることがなんとなくわかります。

なお,製作者は米光一成氏ということで,幼少期にぷよぷよで遊んでいた思い出がある私にとっては,なかなかに感慨深い名前です。

なお,今回紹介する「はぁって言うゲーム」は2018年に出た第1弾のもので,それから2019年に第2弾が,2020年に第3弾が発売になっています。

シリーズ化したゲームとしては,ナンジャモンジャキャット&チョコレートを以前紹介しましたが,人気があるから別バージョンが販売されるわけで,本作も名作に恥じないものです。

それでは,いよいよ次章から,遊び方について詳しくみていきましょう!

 

はぁって言うゲームの遊び方

準備

まずは準備をしますが,各プレイヤーは投票カードと投票チップを配ります。

前者は灰色のもので,裏には?の付いたマスが書かれており,投票チップにおいてはA~Hの8枚があり,セットごとに色分けされているのが特徴です↓

投票カードとチップ

プレイヤーに声をかけ,自分の好きな色のチップを取ってもらうようにすると楽でしょう。

次に水色のお題カードの中から1枚を選びますが,これは一言以外に,仕草であったり早口言葉など,バラエティに富んだ内容です↓

お題カード

ちなみに,第2弾では「左の人の目を見て言う」などのイベントカードが4枚加わっている他,お題のバリエーションが弾ごとに違うので,すべて混ぜて遊ぶことも可能となります。

最後に,アクトカードをよく切ってプレイヤーに1枚ずつ裏向きに配り,各自がその内容(A~Hのアルファベットが書かれている)を確認後,裏向きにして自分の前に置いたら準備完了です↓

はぁって言うゲームの準備完了

ゲーム開始

最初に始める人を決め,以降は時計回りで順番に演技していきます。

説明書には,一番最近「はぁ」といった人から始めると書いてあり,これもまたプレイヤー同士のコミュニケーションに一役買っているのでしょう。

具体的に何をするのかというと,自分の番が来たら,配られたアクトカードのお題(仮にGだったとすると,おどろきの「はぁ」)を声や表情だけで表現します。

身ぶり手ぶりはできません。

あくまで,首から上の動きだけで演じるというのがミソです(「振り向いて」というお題のような例外もあります)。

言い方のアレンジは「はーあ」とか「はぁーーーー」などとして構いません。

驚いて「はぁ」というのであれば,「はーーーぁ(ちょっとポカンとした感じに口を丸くして)」といった具合に言えばよいでしょうか

このとき,お題のDにある,感心の「はぁ」と勘違いされないように心がけるのが肝要です。

さて,1枚のお題カードに書かれた演技が終わるたびに,他プレイヤーのお題が何であるのかを推測し,そのアルファベットが書かれた投票チップを自分の投票用カードに裏向きに置きます↓

投票後の様子

スタートプレイヤーをNo.1とし,後はプレイ順にNo.2,No.3と割り振ってください。

なお,一度投票したものを後から変更することはできません(8人プレイのときのみ可能)。

集計

1回の演技ごとに集計しますが,1人ずつ順番に正解を発表します。

演技したプレイヤー以外の投票チップをオープンにしてから発表するようにするのがおすすめです。

正解したプレイヤーの数が多ければ多いほど,そして自分が他人の演技を正解するほど獲得する点数が増えます

  • 正解したプレイヤーは1人当たり1点を獲得
  • 演技したプレイヤーは正解した人数×1点を獲得

そのため,わざと間違えるようなことはできません。

このような感じで全プレイヤーの正解発表を終えたら総合得点の計算をし,最も多かったプレイヤーが勝ちです。

 

まとめ

はぁって言うゲームのプレイ風景

以上が,はぁって言うゲームの概要と遊び方についてのレビューとなります。

最初は,投票のところでやや困惑するかもしれませんが,1つ目のお題が終わった頃には慣れているでしょう。

なお,私の経験上,俳優養成所に通っていた友人が最強で,会社の研修で接客術を学んだ銀行員の友人が次点で上手でした

特に後者の友人は,後輩を指導する役職だったので,一時期はこのゲームを居酒屋の席に持っていっては同僚たちと楽しむようにしたそうです。

このように,プレイヤーの演技力が実力に直結してくるあたり,運任せのゲームではありません

もちろん,負けると悔しいものの,相手の意外な表情を見られて仲良くなりますし,純粋に上手い演技に出会うと感心させられるものです。

子どもと遊べばかわいらしく思いますし,誰とやっても楽しいひと時を過ごせます。

気になった方は,是非購入して遊んでみてください↓

最後までお読みいただきありがとうございました。

-テーブルゲーム

おすすめ記事一覧

キュボロと藤井聡太クリアファイル 1

ここ数年,売り上げが急激に伸びて在庫薄になってしまっている知育玩具があります。 それはキュボロ(クボロ)社の積み木おもちゃです。 商品名も「キュボロ(cuboro)」と言いますが,その始まりは1985 ...

blank 2

将棋の藤井聡太さんの快進撃に影響されて注目を集めた「キュボロ」ですが,以前の記事でもお伝えしたように,10年以上前からネットショップでも取り扱いがある,王道を行くおもちゃです↓↓ そして,キュボロの買 ...

ジェノスピノの完成 3

ジェノスピノを発売日に買ってきました! ゾイドワイルドZEROのボスとして,明らかにそのオーラをまとっています。 加えて,久しぶりの超大型ゾイドでもありますので,今から作るのが楽しみです。 早速レビュ ...

アクアビーズで作ったエルサ 4

今回は,大人気のアクアビーズから新しく発売された, アナと雪の女王2スタンダードセット のレビューをしていきたいと思います。 最新版に相応しく,これまでのものとはツールがいくつか一新されており,現時点 ...

アクアビーズのレビュー 5

今回は,言わずもがな定番中の定番,「子どもが一人で夢中になって遊んでくれる」と評判のおもちゃであるエポック社の「アクアビーズ」をレビューしていきたいと思います。 ちなみに最近「アナと雪の女王2」のキャ ...

ミックスウォッチのレビューまとめ 6

今回は「ミックスウォッチ」という,オリジナルウォッチを作れるおもちゃについてレビューしていきたいと思います。 6才以上であれば簡単な手順で完成させられて,キャラ物おもちゃからの卒業にも使えるところが好 ...

ビーストライガーのレビュー 7

今回はゾイドワイルドZEROから,主人公レオ・コンラッドが搭乗する「ビーストライガー」についてレビューしていきたいと思います。 アニメの1期と比べると,ゾイドの改造の方に重きが置かれている新シリーズで ...

blank 8

今回は宴会芸にぴったりで,誰にでもアッと驚かせられる手品が可能になる「スーパースポンジボール」についてレビューしていきたいと思います。 私も初心者ながら,数ヶ月練習することで手品が特技の1つになりまし ...