テーブルゲーム

クラッシュアイスゲームのレビュー!

パーティーゲームのうちバランスゲームでおなじみといえば,ジェンガだと思いますが,それに次ぐ人気のゲームは「クラッシュアイスゲーム」のようです(Amazonランキング調べ)。

ちょうど水族館が大好きになってきた姪っ子のために,ペンギンをモチーフにしたこのおもちゃを買ってきましたので,早速レビューしてみたいと思います!

商品外観

今回レビューするのは,友愛玩具が輸入販売元の「クラッシュアイスゲーム(品番:TY-0185)」です。

最近はミニオンのものも出ていますが,今回は王道をいくペンギンのものを紹介します。

まずは商品外観から↓↓

黄色いパッケージ主体で,陽気なペンギンが「早く海に落としてくれい!」と言わんばかりに,氷の中央で踊っています。

なお,写真のペンギンは色付きですが,実際のペンギンは控えめな色合いの,非常におっとりとした真面目ペンギンですので,お間違いなく↓↓

「ペンギンを落とさないように氷をくだこう!!」,「ハンマーで氷をたたけ!との氷を落とすかが勝負の分かれ道?!」という2つのセリフが,このゲームのなんたるかをうまく説明しているように感じます。

パッケージ背面を見てみると,そこには取扱説明書に該当する「セット内容と遊び方,さらにはルーレットの説明や注意事項など」が記載されていました↓↓

対象年齢は6歳以上。

やはりルールの理解と力加減ができないと勝つのは厳しそうです。

氷をはめ込むときも,手先の器用さがある程度必要でしたし。

「電池不要で単純なルールのおもちゃ」というのは,一見退屈なようで実は傑作の必要条件だったりするので,今回も期待しています。

それでは,一つ一つ見ていきましょう!

 

セット内容

商品の中身を出してみましょう!

セット内容は,

  • ペンギンが1羽
  • ルーレットが1個
  • フィールド(枠と脚4つ)とアイスブロック(青と白が19個ずつ)のセット
  • ハンマーが2個

でした。

ペンギンのフィギュアは違うものと取り換えて遊ぶことができるように思います。

先にも言いましたが,パッケージと全然ペンギンの色合いが違うので,ガッカリしないでくださいね。

 

遊び方

それでは説明書に従って組み立てていきましょう!

一つ一つ手作業ではめ込んでいきます。

アイスブロックは裏表があるので,揃えるのに少し時間がかかりますが,これはバランスゲームの宿命でしょう。

負けた人がはめ込む係を担当させられるのが目に浮かびます。

大体2分で組みあがりましたが,一つ氷が余るようで,これは嬉しい配慮ですね。

結構強めにはめ込む氷もあったので,どうでしょう。

簡単には落ちなさそうです。

アイスフィールドを裏返して,脚を取り付けます。

この脚はスカスカですが,そこまで簡単には折れたりしなさそうです。

フィールドの上にペンギンを乗せます(似たようなサイズの「ウーモミニ」も乗りました)。

あとはルーレットを回して,ゲームをスタートするだけです。

ハンマーで試し打ちをしてみますが,なんとも言えない素材のハンマー↓↓

これで手を叩くと意外に痛いです。

「先が細くなっている=接する面積が小さい」ので,力が効率的に伝わるようになっています。

これは氷も軽く落ちそう!

実際,強く叩くと2回で落ちました。

軽く叩くと4・5回といったところでしょうか。

子どもが遊ぶとソフトな落ち具合です!

「ああっ,ウーモが倒れてしまった(ペンギンはどっしりと構えています)。」

手抜きのペンギンだと思っていましたが,実はクラッシュアイスゲームに特化するように進化を遂げたペンギンのようです。

 

ルーレットの遊び方

このルーレットがアイスゲームに戦略的要素を加えてくれます。

ハンマーで落とすアイスの種類や個数を指定したり,1回休み,そして順番を逆にする「リバース」的な目もありました。

ただし,ルーレット自体にはそういった詳細な説明はなく,あくまでアイコンのようなものしか書かれていません。

そこまで複雑なものではないので,久しぶりにやる際も絵をみれば思い出すでしょうが,是非またこのページに来てくださいね(笑)

デコピンして回してみましたが,全然滑らかに回りません

人生ゲームのルーレットのようなものを想像していたのでやや面食らいました。

フルパワーで回しても1秒で止まってしまいますが,「1周以上させればよい」とルール化して遊んでいます。

「1個を落とせ」という指示のときに,間違えて2個以上落としてしまったり,ペンギンが倒れてしまったりしたときのペナルティーに独自ルールを設定すると,ますます面白味が増しそうですね。

 

ペンギンアイストラップゲームという類似品

なお,このクラッシュアイスゲームは,「ペンギンアイストラップゲーム」という名前でも売られています。

以下の写真は,八景島シーパラダイスの売店で撮ったものです↓↓

商品名以外に,パッケージの様子もやや異なりますが,最大の違いはそのルーレットです。

その写真に注目してください↓↓

このように,ルーレットのマスが4つしかないものも売られているということです。

特にどちらが本物でどちらが偽物ということはなさそうですが,ネットだと割引される分だけややお得に買えるでしょう(八景島の「ペンギンアイストラップゲーム」は定価で売られていたので)。

 

まとめ

以上,友愛玩具製の「クラッシュアイスゲーム(TY-0185)」をレビューした記事でした。

このバランスゲームは,Amazonでの取り扱いが2016年7月28日からとなっていて,特に新製品というわけでも古くから売られている商品というわけでもないのですが,ある程度評価が出そろっている分,安心して買えるおもちゃだと思います。

私はAmazonで購入する際,ちょうど評価レビューもみたのですが,どうやら100均で売っている偽物めいたものが届くことがあるようで,低い評価が付いているレビューの大半はそれでした。

購入する際は「信頼できる販売元」か,「もし偽物が届いても返品できて,かつ個人情報の取り扱いがしっかりしているところ」で買いましょう(例えばAmazonで買う場合は,「Amazonが販売・発送」となっているものがベストでしょう)。

みんなで遊べるゲームは,いざという時のために揃えておきたいものです。

何かを賭けて対決する際もジャンケンでは味気ないですからね。

手ごろなゲームですので,大人でも楽しめると思います。

是非買って遊んでみてください!

 

-テーブルゲーム

© 2020 行き先は在庫あり